読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都は東寺の五重塔の下に咲く桜は満開であったが、京都伊勢丹の拉麵小路の喜多方ラーメンの坂内食堂のラーメンの焼豚もラーメン鉢に満開だった。

f:id:peperoncinoazucarar:20170409174352j:image

f:id:peperoncinoazucarar:20170409174502j:image

日中は晴れて暖かくなると聞いていたが、京都は東寺の五重塔のほぼ満開となった桜は、肌寒さを感じさせる風に吹かれ散り始めていた。

昨日、土曜朝の読売テレビのウェークアッププラスで、天気予報士の蓬莱さんが東寺から中継していて、五重塔と桜を絶賛していたので、今日は彼女と東寺を訪れた。

もっと晴れ渡る青空とでもなっていれば、美しさも際立ったであろう桜と五重塔だが、あいにくの曇り空のお陰か、少し寂しげに感じた。

夜にライトアップもされているようだが、自分は自宅近くの夜の造幣局桜の通り抜け(大阪)などを観ても、あまり美しさは感じない。
やはり昼間の晴れ渡る青空の下の桜が一番美しいと思える。

帰りに京都駅の伊勢丹10階の拉麵小路にある喜多方ラーメンの坂内食堂のチャーシューたっぷりのラーメンを食べたが、こちらはまさにラーメン鉢に満開の焼豚が咲いており、味もアッサリなのにコクがあり、縮れた太麺の食感も美味く、かなりの自分好みのラーメンであったが、彼女にとってはボリュームがあり過ぎだったようで、食べ終わるまでにソコソコの時間を要していた。

ちなみに京都の伊勢丹でメシを食うのは初めてであったが、拉麵小路の昼飯時はどの店も結構な人数が並んでいるので、きっとどのラーメン屋も旨いのであろう。

f:id:peperoncinoazucarar:20170409174423j:image

f:id:peperoncinoazucarar:20170409174437j:image