読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪急百貨店で「ラスカル!パトラッシュ!そして、マルコ!THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」の文字が飛び込んできた…ので飛び込んだ。

f:id:peperoncinoazucarar:20170324061430j:image

池田市インスタントラーメン発明記念館を見学し、呉服神社えべっさんにお参りし、梅田へ戻って彼女が阪急百貨店を覗きたいというので連れ添うと、「ラスカル!パトラッシュ!そして、マルコ!THE 世界名作劇場展 ~制作スタジオ・日本アニメーション 40年のしごと~」の文字が飛び込んできた。
昭和50年生まれの自分としては胸踊り心揺れ動く。
それを察知した彼女が良いよと言うので、チケットを購入し、入ってみた。
マルコにラスカル、バドラッシュに小公女セーラなどのオールスター達が、セル画や原画に映像として蘇る。
オープニング映像を流すコーナーで流れる曲に懐かしさが爆発し、記憶が蘇ったのだが、そのアニメは「南の島のフローネ」だった。
観ていた記憶は無いのだが、ハッキリとそのオープニングテーマ曲を覚えていたので、多分きっと幼い頃観ていたのであろう。

あの頃、純粋な少年少女だった世代の方々ならきっと十分満足してもらえるイベントであると確信する。

しかし、販売グッズコーナーに並ぶ「ラスカル」の絵のタッチが、商品を売るためが故か、現代風の可愛さを前面に押し出した感じになっていて、昭和生まれの自分のイメージする「ラスカル」とはあきらかに違うと感じたので、そのラスカルを彼女と共に「ビジネスラスカル」と名付けた。