読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリーポッターシリーズを一作も観たこともなければ、原作を読んだことも無いが、ハリーポッターの新シリーズらしい、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観た。

f:id:peperoncinoazucarar:20161127153018j:image

ハリーポッターシリーズを一作も観たこともなければ、原作を読んだことも無いが、ハリーポッターの新シリーズらしい、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を観た。

自分としては、「この世界の片隅に」ってアニメ映画が観たかったのだが、彼女がそれは嫌だと言うので、彼女が観たいとの事のファンタスティックビーストに付き合った。

まず、「魔法使い」という世界観の時点で二歩ほど後ずさりしてしまうが、観ていられないほどではなく、観終えた後に彼女に星3つと伝えた。
彼女はハリーポッターシリーズを観てるらしく、ああいった世界観はどちらかといえば好きな方との事で、星4つらしい。

ハリーポッターの世界観を知らないが故なのか「なんで?」と疑問に思う点は多々あるし、後でカフェで彼女から説明を受けて一応納得はしたものの、悪役の人が何を企んでいたのか観ているうちはサッパリ分からなかった。
「どうやら悪いことをしているらしいが、何目的?」と思いながら観ていたので、もう一つ合点がいかなかったのは、自分が鈍感なせいであろうか?

後、登場人物に新聞社の社長の息子の兄弟がいるのだが、その次男が魔女を憎んでるというか、魔法使いの存在を暴きたがってるのだが、なんであの次男がそんなに躍起になって魔法使いの存在を暴きたがってるのかがイマイチ伝わってこなかった。

そんな星3つの映画であった。