読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世去りし祖父を送った帰りに。

f:id:peperoncinoazucarar:20161116060150j:image

早朝から地下鉄で新大阪へ向かい、こだま博多行きに乗り込んだ。
朝早いというのにそれなりに乗客はいたが、ラッキーな事に自由席でもなんとか座れた。
岡山で降り、在来線のホームへ向かい津山線に乗る。
金川と言う名の駅で降り、滅多に会うことのない親戚の車に乗せてもらい、吉備中央と言う名の山奥へ向かう。

葬儀の場に向かうと、何年も会うことのなかった親戚達が数多く居並んでおり、どれが誰だかわからない。

一通り終わり、焼かれに行く祖父を見送った後、再び車で金川駅へ向かう。
自分はホント顔を出す程度だったが、祖父とそれなりに想い出はあるものの、ほぼ無感情で時が流れた。
込み上げてくるものも無かった。

自分ももう40だ。
亡くなった祖父は90で逝った。

これから大阪へ帰る。
これから親戚等、送る事が増えてくるのだろうし、自分自身も折り返し地点であることを実感した。