読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疫病神シリーズと淀川花火大会とシン・ゴジラ

f:id:peperoncinoazucarar:20161106082335j:image

黒川博行の疫病神シリーズを、疫病神・国境・暗礁と読み終え、螻蛄を読み始めた今日この頃であるが、この夏も淀川花火大会に参加した。

昨年に引き続く参戦だったが、昨年同様、帰りに地獄のような苦労を味わった。

とにかく人混みがひどく、歩いて会場から駅まで向かうのに通常の五倍は時間がかかったのではないだろうか?恐ろしい行列で前に進まないのには今年も参った。

そうなることはわかってはいたし気は進まなかったが、浴衣が着たいのであろう彼女の希望なので行かざるを得なかった。

花火はまあまあ楽しめたが。

 

そして、本日先ほど観た「シン・ゴジラ」も同じくまあまあ楽しめた。

今日からお盆休み連休なのだが、初日からダラダラ過ごすのもなんだし、平日同様朝から行動しようと考え、梅田のナビオの東宝シネマで8時からやってるとの事なのでひとりで観に行ってきた。

話題になっているので、怪獣映画ファンでも無いが観ておこうと観覧したのだが、出演者のセリフが早口で聞き取れない事が多々あったのと、ミスキャストと言っては失礼だが、石原さとみに違和感を感じたのが印象に残る。

後、総理代行役の平泉成さんが個人的には良かった。

 

そんなお盆休みのスタートである。