読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Instagramに通信量オーバーに追い込まれながらのバイクデビュー、GN125で風になる。

f:id:peperoncinoazucarar:20161106074526j:image

先々週からInstagramに登録し、ハマりすぎて、今週とうとうソフトバンクから「通信料オーバーなので速度落としたくなかったら金払ってね」と脅迫メールが二度も届き二回に渡り、なけなしの千円をソフトバンクに献上した今週は、月曜は休日だし土日休みの週だし楽勝だっ、と喜んでいたが、気持ち的には事実楽勝モードであったにもかかわらず、体調は下降気味でソコソコ疲れた週でもあった。

蓄積疲労が表に出たのかもしれない。

 

そんなこんなで週末を迎えたわけだが、とうとう本日、先週購入したバイクを取りに行った。

購入したのはチャイナ製の偽スズキバイクGN125-2Fである。

その古めかしい中東や東南アジアを走りまくってそうな単気筒小型バイクに自賠責や任意の保険の説明を聞いた後に、整備士の地方から来たのであろう関西ではなかなか聞けない「東北?」訛りのお兄ちゃんから丁寧に丁重に説明に説明を受けた後、バイクにまたがった。

とりあえず、免許を取ってから早ひと月が経つので、怯えながら路地裏あたりをウロウロしたあと、自宅方面へ走り出す。

とにかく怖い。

緊張で固まった身体で大通りを疾走。

教習所では40キロ程度出したくらいで結構なスピードに感じていたが、余裕で50出しても平気に思えた点は我ながら驚いたが、バンバン車の走る中をバイクで走るのは本当に怖い。

そして、生まれて初めて4速に入れる。

嬉しさと驚きと怖さを隠せない。

常に奥歯を噛み締めているのが自分でもわかる。

ガソリンスタンドに立ち寄り、車に乗らなくなってから10年近いこともあり、しかもセルフのスタンド未経験であるが故に、どうして良いのかわからないのでスタンドのお兄ちゃんに手伝ってもらう。

優しく丁重に説明する彼は相当なナイスガイであり、ルックスも兼ね揃えているところからも、相当モテるだろうなーと感じた。

そんなナイスガイに見送られ、とうとう自宅に戻れた。

自宅に戻ることすら不安であったので、とにかくひと段落したことに喜びが隠せない。

両親と昼食をとった後に、再びバイクにまたがる。

通勤に利用しようと考えているので、職場まで走ろうとしたのだが、少し離れると土地勘がグダグダになり、自宅と職場のちょうど間の谷町四丁目で折り返し帰ることとなってしまった。

道を間違え倒し、大阪城の周りをグルグル回ったり、天満橋付近で一通を逆走しそうになったりしているうちに疲れたからである。

今度もなんとか自宅にたどり着いた。

元気なら、明日の朝にでも再チャレンジして職場まで走ろうかと思う。

 

こんなことで、本当にバイク通勤ができるのであろうか?