読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40を迎えてからの自動二輪免許のための自動車教習所通いが始まろうとしている。

f:id:peperoncinoazucarar:20161106055040j:image

先週の日曜日、自宅から歩いて50分かけて自動車教習所へたどり着いた。

9万円払い自動二輪の中型免許の講習を受ける申請をした。

ネットでもできるそうだが、実際行って雰囲気も確認し、ややこしいことはリアルに行けばやってくれそうなので行ってはみたものの、実際はWindowsiPad的なのにキーボードのついてるタブレットを渡されて自分で手作業で申請させられた。

なかなかの面倒くささでえる。

その後、京阪京橋へ向かい女子会旅行で北陸方面に行っていた彼女と落ち合い、彼女のバッグに車が付いていてゴロゴロ引くやつを持ってあげてゴロゴロ引きながら京橋の高架下的な所のワインが売りの店に入り、ワインが売りなのにハイボールを飲んで店内に映し出されたプレミア12の野球日本代表を応援しつつ、彼女の旅行の思い出話を聞いた。

キノコのピザを頬張りながらハイボールでピザを胃に流し込み、その後夜は彼女と過ごす。

翌朝、普段は規則正しい生活を心がけ早寝早起き三文の得なのに、昨夜の夜遊びがたたり恐ろしく眠い中、町工場で鉄やステンレスのキリコを浴びながら額に汗して働いた。

昨今、景気が良いのか悪いのかもよくわからないような状況に感じるし、自分はツイッターと読売朝刊とNHKニュース7のみが情報源だが、それら情報を浴びても景気の良し悪しは自分のような下々の人間には理解しがたいが、寂れた町工場であってもなかなかの注文数であり、削っても削っても終わらぬスタッドボルト製作が永遠に続く昨今である。

そして、やってきた三連休。

初日の昨日土曜日はいつものように梅田のビルの15階にあるタリーズで彼女と待ち合わせ、阪急京都線に乗り河原町駅へと向かう。

長蛇の列と言っても過言ではない多数の人々が電車に乗り込み京都へ向かう。

皆、紅葉目当てであろうか。

河原町で降り、八阪神社前であり、祇園花月そばの蕎麦屋でねぎそばを胃に収める。

そして八阪神社隣の知恩院に入り、地獄坂と形容しても良いであろう長き階段を登り散策を楽しむ。

紅葉はまだ一歩手前といったところではあったが、なかなかの風情であり楽しめた。

年末に活躍するのであろう大きな鐘が思ってたより大きくて驚いた。

いろいろ散策し、歩きつくして出てきたところがまさかの八阪神社の入り口でびっくりした。

繋がってるようなものなのかな?と思いつつ、その場を離れ、鴨川で他のカップルたち同様に川沿いに座り心地よい風に吹かれた。

大阪に戻り梅田の行きつけのバーで軽く飲んで、彼女と別れた。

今日は教習所へ行く予定だ。

初日なので楽しみである。

20年前に普通自動車免許を取って以来の教習所通学を40を迎え楽しむのも悪くない。