読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体調不良とステンレスによる火傷に耐えながらの阪急梅田の片岡鶴太郎展はなかなかタフである。

f:id:peperoncinoazucarar:20161105173747j:image

もうすぐ40になる。

歳のせいなのか疲れが取れにくくなってきているように感じる。

今週はシルバーウィークを迎えることもあり多少なりとも気楽に思える週ではあったが、下痢が続いたり肩こりを感じたりと体調的にはもう一つな週でもあった。

昨今職場では、ひたすら年代物のビンテージ単能盤で鉄だのステンレスだのをひたすら切削する日々が続くが、今週はステンレスを削る機会が多く、鉄に比べてステンレスのキリコは熱く、削る際に飛んでくるキリコが我が身を攻撃するが故に、自分の右腕は火傷だらけとなってしまった。

そんな火傷だらけな右腕を引っさげ、シルバーウィーク二日目の昨日はガールフレンドと片岡鶴太郎展を阪急百貨店へ観に行くというあり得ない行動に出た。

彼女の提案によるものである。

彼女と出会わなければ決して見ることのなかった展覧会であろう。

定番の水墨画が並ぶ中、スクリーンにはこれまた定番の眉間にしわ寄せした鶴ちゃんが裸でヨガをしていたりする。

絵を描く鶴ちゃんより、ひょうきん族で熱々のおでんを口に放り込まれたリアクション芸人だった頃の鶴ちゃんの方が好きな私としては、眉間にしわ寄せする鶴ちゃんは苦手なのだが、有名人からのメッセージ色紙が飾られるコーナーのダチョウ倶楽部からのメッセージに「伝統芸のおでん」は自分達が引き継ぎますと書かれてあり、私にとってはそこが一番の見どころであり、微笑ましかった。

大丸梅田でオープンしたてのそこそこ有名らしい店で牛タンと山芋とろろをぶっかけた麦飯を胃に収めたり、服を見たりコーヒーを飲んだりして過ごす。

仕事疲れなのか歳のせいなのか、なんの疲れなのかはわからないが、その間もずっと体調が良くないというかハッキリとしない感じで、顔が腫れぼったく感じたり、目がショボショボしたり、下痢したりと不安定であったが、その後京橋のラブホで汗をかくとスッキリ元気になってしまった。

休日に一人部屋でYouTubeばかり観ているせいで身体が鈍って体調が悪いのかもしれないなーとも思った。

一夜明けた今日は晴天ではあるが、残念ながら一日部屋でYouTubeとなりそうである。

体調は良くなりそうもないなこれじゃ。