読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手塚治虫と水分補給と花火と下痢と。

f:id:peperoncinoazucarar:20161105173115j:image

手塚治虫記念館を訪れる。

宝塚へJRで向かい、宝塚大劇場の脇でお付きの方を連れたショートカットの茶髪なスターを出待ちするおばさま方を横目に、その記念館へ足を運んだ。

天才手塚治虫の歩みを見学し、ミニシアターで反戦色の濃いショートムービーなアニメを観るというデート色の薄いデートである。

宝塚駅の韓国料理屋で冷麺をすすり、大阪へ戻れば、昼間っから彼女と入浴。

一夜明け、今週が始まる訳だが兎にも角にも殺人的な暑さである。

外も暑いが、それ以上に私の職場の町工場内は言うまでもなくといったところである。

これだけの暑さであるから、多少なりとも頭がトチ狂っていそうなので、作ったボルトのサイズが狂っていてもおかしくなさそうに感じ、確認を怠ったモノがクレームにあったりしないかと変に恐れもしたし、丁寧に丁重にと心がけながらの作業が続く。

とにかく止まらない汗に対し、ポカリスエットオロナミンCといった大塚製薬勢と、ソルティーライチやMIUといった新興勢力勢に頼りに頼る。

喉の渇きを鎮めようと昼休みなどにグビグビ水分補給をすると胃がチャポチャポで午後からの仕事中軽く気持ち悪くなったりするから始末に置けない。

おまけに下痢を繰り返すのが、水分の摂り過ぎなのか、夏バテのせいなのかも不明でややこしい。

そんな今週が終わりに向かい、昨日の土曜日は淀川花火大会見学へ浴衣姿のガールフレンドと向かい、芝の上に座り恐ろしい人混みに囲まれながら花火を見学したのちには、天満橋のスペインバルで冷製パスタとカルパッチョジャックダニエルで胃に流し込んだ。

それが関係あるか否かは謎だが、今朝からまたしても下痢である。

 

夏は続く。