読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前厄、転職、製造業

今年、前厄を迎える齢40となる僕は、2度目の転職にて製造業を選んだ。

働き始め2週間を過ぎたが、毎日ボルトを加工している。

今までがどちらかといえばサービス業寄りの仕事をしていたせいもあり、何もかもが新鮮ではある。

作業着姿で油にまみれ、キリコの降りかかる環境で額に汗する事はもちろん、残業がほとんどない事や、ほぼカレンダー通りに休日が訪れる事は新鮮を通り越して驚きであり、こんな事は学生時代以来である。

 

朝は5時に目覚め、紅茶をいれて歯を磨き、紅茶を飲みながらタバコを味わい、軽くストレッチをした後、届いた読売新聞をチェックして、家を出るのは6時20分頃。

地下鉄を乗り継ぎ、セブンイレブンのコーヒーを味わった後に出勤し、朝の8時から油にまみれている。

昼は仕出し弁当が給食で、一食400円との事。

冷えていて評判も良くはないが、食えなくもないし自分的にはそれなりだと思う。

夕方5時には業務を終え、皆きっちり帰っている。

時には残業もあるらしいが、未だ残業ゼロである。

帰りに立ち飲み屋に寄り一杯やっても、帰宅すればまだプロ野球のナイターは試合中といった時間帯。

平日でも定時に仕事を終えた彼女と行きつけのバーで軽く飲む事だってできる。

今までの人生であり得なかった事が日々降りかかる。

が、初任給はきっちり18万で手当てもなく、残業も無いので本当にきっちり18万なのだ。

次の月からは上がるかも?との話だが信用はできない。

僕はどこへ行くのだろう。