読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀内・伊達シリーズの三作目であり新作の「果鋭(黒川博行)」を読み終えた。

f:id:peperoncinoazucarar:20170328063620j:image

基本、バイクで自宅と職場を行き来するだけの毎日であり、友人もおらず、彼女は週末忙しいとの事でデートもできず、今週末は読書くらいしかすることがなかった。

 

そんな中、堀内・伊達シリーズの三作目であり新作の「果鋭(黒川博行)」を読み終えた。

黒川博行さんの小説は、昨夏にドラマや映画にもなった「疫病神シリーズ」を読んでからハマり、こちらも映画になった「後妻業」を読んでみたり、「堀内・伊達シリーズ」を読み進めているところである。

自分は大阪の人間なので、黒川博行さんの小説はどれもが大阪を中心とした関西が舞台であり、土地勘のある自分としては話に親近感が湧きいつも楽しめる。

黒川博行さんの小説を読んでいると、警察もヤクザ以上にロクでもないもんだと感じさせられるが、本作の元警官である堀内と伊達も大いにロクデモナイ二人だ。

一作目のまだ刑事を辞める前の堀内と伊達には多少ハードボイルドな印象を受け、疫病神シリーズの主人公二人に比べると、人間味というかユニークさをあまり感じられなかったが、二作目・三作目ときて二人の魅力や人間味が増してきた感がある。

二人の親の話や、若い頃童貞を捨てた経緯などが明るみに出た本作では、より一層二人に親近感を覚えた。

警官であるにもかかわらず、悪事を働きすぎて刑事を辞めざるを得なくなった二人が、不動産関連の競売屋の調査員としてパチンコ業界や反社会的組織に首を突っ込み追い回し追い回されるストーリーは、飽きることなく読ませる。

時折、二人が桜の代紋を失った事で不自由を感じ、刑事に未練のある事を思わせつつも、調査・聞き込み・ガサ入れ・取り調べと、やってることは刑事の頃と変わらないし、しかも報酬(シノギ)の額が刑事の頃とは桁違い。

二人の人間的魅力を感じさせながらも、二人のやってる事はトコトン「ワル」である。

うまくいくかと思わせといて、いつも結果裏目に出る事の多いのは、どちらかといえば堀内の方という印象があり、今回もまた最後堀内がえらい目にあうと思っていたら、本作ではラスト近くで伊達の方が一発かまされた。

それでも傷だらけの心と身体を引きずりながら、大阪中を駆け回り、悪さに悪さを重ねる二人が結局微笑ましい。

「果鋭」も読ませてくれました。
面白かったです。

パスタランチセットにパンは要らないと思った、「あさりと揚げ茄子のボンゴレビアンコ」と「バター香るイカとほうれん草のバターソース」

f:id:peperoncinoazucarar:20170319163801j:image

阪急百貨店梅田本店の一階のageteで誕生日プレゼントにするネックレスを購入し、本町にある生パスタのお店で彼女と待ち合わせ、「あさりと揚げ茄子のボンゴレビアンコ」と「バター香るイカとほうれん草のバターソース」を食べた。

雑居ビル的なところの二階にあるお店で、本町の休日はどこの店もガランとした感じなのに、その店は結構混んでいた。

座席を案内され、座ってパスタランチを二種注文し、彼女にプレゼントを渡してチョット話したところですぐにサラダとパンが運ばれ、その後ソッコーでパスタが運ばれて来た。

あまりの速さに、「天下一品のラーメンより出来るの早いんちゃうの?」とか言いながら、彼女はボンゴレビアンコを、自分はたらこバターで味付けされたパスタを食べる。
途中で互いのパスタを交換し、ボンゴレビアンコも食べてみたが、どちらも共に美味かった。

店がパンをパスタソースに浸けて食べることを推奨していたが、他の客がそれをしているのを側から見ると、その行為の見た目はやはり美しくないと感じた。
が、自分もパンをパスタソースに浸けて食べた。
パスタは美味かったが、パンはソースに浸けたからといって別に美味くはなかった。

パスタランチセットにパンが付いてくる事が多々あるが、自分はパスタにパンは要らないと思う。

Eggs ’n Thingsで鬼のように生クリームが乗ったワッフルを食べた。

f:id:peperoncinoazucarar:20170324060302j:image

Eggs ’n Thingsで鬼のように生クリームが乗ったワッフルを食べた。

心斎橋のアメ村近くまで連れていかれ、少し並んで店内に入る。
「コンニチハ、アロハ〜」と迎い入れられる。

席に着くと、彼女が何かを頼む。
一人では食べきれないので二人で食べようとのこと。
とりあえず飲み物としてアイスカフェラテ的なものを頼んでおいた。

「嘘やろ?」くらいクリームを盛りに盛った上に苺が乗ったワッフルが持ち運ばれる。

食してみるが、普段甘いものを食べない自分でもすんなり喉を通る軽い感じの生クリームに好感を盛った。
ワッフルも苺も美味い。

しかし、案の定生クリームだけが最後ソコソコ皿に残る感じになる。
その生クリームを小皿に分けたワッフルに無理やり塗りたくり乗せる感じでフィニッシュし、見事二人で完食した。

帰り際レジで並んでいる際に、中高生くらいの女の子グループが皆生クリームを大量に残し食べ終わる姿を見かけ、
「ひょっとして、アレがマストの食べ方ちゃうの?」
と、彼女に問うがアッサリ否定された。

奥の席では客の誰かが誕生日らしく、店員の皆さんが客のために「ハッピーバースデー」を手を叩き歌う声が店内に鳴り響いていた。

万博記念公園の梅まつりを見にいったのちに、京橋で恐ろしい炒飯大盛りと出会う。

f:id:peperoncinoazucarar:20170327052352j:image

梅の花の季節という事で、万博記念公園の梅まつりへ彼女と行ってきた。

記念公園へ一人250円の料金を払い入ったが、どこを見ても梅の花の咲いている雰囲気がなく、マラソン大会だのフリーマーケットだので賑わっているものの、目指す梅まつりが見当たらない。
随分歩いてやっと辿り着いたその場には、満開とはいかないものの、八分咲きといった感じの梅の花の木が立ち並び、美しく咲いていた。

その後、京橋へ向かいとあるビルの一階にある「風月」でお好み焼きを食べようと思ったのだが、混んでいて並んでいたので、隣の中華料理店に入る。

食券を買い、彼女がラーメンを、自分は炒飯の大盛りを頼んだのだが、彼女が頼んだ普通のラーメンも普通にしては量がソコソコ多いし、スープが真っ黒でかなりの塩分量だと推測される代物であったのだが、自分の頼んだ炒飯大盛りは大盛りどころの騒ぎではないくらいの盛り量で、飯は真っ黒味付けド濃いめ。

無言で半分以上残した。

味で勝負!ではなく、味付けも含めて「量」で勝負する店だったようだ。

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を観た。

f:id:peperoncinoazucarar:20170211185535j:image

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を観た。


先々週、原作が黒川博行さんの疫病神シリーズ「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観たし、黒川博行さんの別シリーズのワルな暴対刑事の警察小説の一本目である「悪果」のKindle版をiPhoneで読み終えたところだし、心はハードボイルドな感じだったのだが、彼女が映画を観ようと言うので、そんなハードボイルドな気分の自分は、今公開されている中ならシブく「沈黙・サイレンス」と行きたいところだったが、あえなく彼女に却下されたので…彼女好みだろうなー?と思った「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」を提案するとアッサリオッケーをもらったどころか喜ばれた。


ので、観たのだが…

面白かったことは間違いない。


ただ、あと2、3回観ないと細かいとこまでは理解できないかなー?とも感じた。
ま、そこまで深く映画を理解しようとするほどの性格でもなく、自分はおおらかなのでまた観ることは無いであろう。

まず、世界観がガッツリ「ティム・バートン」である。
そして、確かに「奇妙」だし気持ちの悪いと感じる人もいなくは無いだろうが、「奇妙」な子供たちがバツグンに可愛い。

冒頭、奇妙な子供たちがユダヤ人のたとえで、襲ってくる悪者がナチス?って想像しつつ物語を眺めていたが、観ているうちにそんなことはどうでも良くなり、ファンタジーな物語に没頭する事となる。

 

私も齢40となるが、いくつになってもこういった物語を楽しめる人でありたいと思ったものだ。

 

めちゃめちゃ幼い子にはちょっとキビシイかも?だが、小学校高学年くらいのお子さんには是非見てもらいたいと思えた作品であった。

 

昨今、トランプさん問題で盛り上がる、マイナスなイメージも目立つ米国であるが、アメリカのこうしたファンタジーで手を抜かないところはやっぱ好きやなーと思った。

 

また、良いものを観た後の飯は美味いが、この日の映画の後のラーメンは美味かった。

f:id:peperoncinoazucarar:20170328121925j:image

梅田こころ亭のうどんと、阪急百貨店のバレンタインデーフェア的な催して売られてるチョコアイスを一口もらう。

f:id:peperoncinoazucarar:20170312181433j:image

阪急百貨店で買い物なんかしてウロウロしてて、小腹が空いたので梅田こころ亭ってとこでウドンを食べる。

まずお茶と共に、自慢の出汁だからまず飲んでくれと店員がおちょこに出汁を入れて持ってくるのと、彼女の肉と卵のうどんが普通の太麺なのに、自分が頼んだ「鬼おろしと」名乗るぶっかけうどんは細麺なのが気になった。

彼女が食べたいというので、その後百貨店内のイベント会場で行われているバレンタインデーフェア的なところで売ってるチョコアイスを購入し、他のお客さん達と同じように会場内でアイスを立ち食いする彼女に一口もらったが、ま、フツーのチョコアイス。
有名な店らしいのだが。

それにしても恐ろしくエグい数の人がワンサカ訪れていた。
日曜日で、かつ雨天のためだと思われる。

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観た。

f:id:peperoncinoazucarar:20170129152840j:image

昨年から黒川博行さんの小説を読むようになり、疫病神シリーズの大ファンとなったのだが…今日、昨日から公開の映画「破門 ふたりのヤクビョーガミ」を観てきた。

メジャーな映画で豪華な出演陣とのことなので、原作のハードな部分はソフトにして仕上げてあるだろうなぁと思っていたが、その通りであった。

原作の舞台が自分の生活圏とほぼ同じなので、それを思うとロケ地がどこなのかを気にしつつ観ていた。
まさかロケ地まで原作通りとは思わないが、ひょっとして本当に守口なのかな?都島なのかな?アメ村なのかな?などと想像しつつ約二時間観ていたが、まぁソコソコ楽しめた娯楽映画となっていた。

あと、ヤクザの桑原(佐々木蔵之介)の舎弟の一人が見覚えある顔だなぁーと思って観ていて気づいたが、土曜の朝の東野幸治司会の朝日放送「正義のミカタ」に出ているジャニーズWESTのコだと気づき、「頑張ってるやん」と、チョット嬉しくなった。
確か濱田くんってチョットとぼけた感じのコのはずなんだが、映画ではカッコよかった。